Amazonのビデオ通話審査はスマホでも大丈夫!当日の対応方法について

その他

ついこの前Amazonのセラーアカウントの登録をしました。

登録までは順調だった。けれども・・・

Amazonには他の企業ではあまり行わない意外な審査「ビデオ通話」が最後あります。

そこで、まだセラーアカウントを開設していない人に向け

ビデオ通話について私が体験したことを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ビデオ通話審査とは?

セラーアカウント登録に個人情報を入れ終わった後に

良く分からない面談方式の選択が出たとき

何だこれ??

と思った人は多かったんじゃないでしょうか?

 

例にも洩れず私もその一人で、いったい何を行う審査なのか

かなり身構えて色々調べてしまいました。

 

ビデオ通話審査とはいったい何なのか?

なにをか聞かれるのか?

初めてだとかなりドキドキしてしまいますよね。

 

結論から言えば、本人確認の書類を偽装していないかリアルタイムで調べる

これが主な面談目的です。

  • 提出した写真付きの個人情報書類の確認
  • 提出した取引のある金融機関の確認

具体的にはこの2点のみの確認で終了です。

自分の面談とかかった時間

私の場合は、免許証の確認をしただけ。

どうやら、ネット銀行の取引書類だと確認は個人情報のみになるそうです。

通話は前には提出してある書類の原本を手元に用意して臨みましょう。

 

確認方法も簡単で、手元に免許書を映して

  1. 表面の確認
  2. 裏面の確認
  3. 胸元に表面を向けて、顔写真と顔の確認
  4. 少し折り曲げてカードが本物か確認

 

以上の工程で終了。

時間にするとものの15分程度でした。

カメラは必須?スマホでの面談方法

ビデオ通話の案内のメールをよく見ると、カメラの準備をしておいてほしいと書いてあります。

映像で確認するため、おそらく必須だと考えられますが

やづ九郎
やづ九郎

うちのPCにはカメラがない!買わなきゃダメ?

となってしまいました。

カメラが無ければどう対応すればいいのか?これがネックですね。

スマホではだめなのか?

カメラがない人はどうすればいいのか?

その場合はスマホでもOK

メールには難しく色々書いてありますが要約すると

android・iPhoneのデフォルトで使っているブラウザで対応できますよ

ということが書いてあるだけなんです。

なのでスマホの場合は、メールからセラーアカウントに飛んで

この画面が出ればもう準備はOKです

 

5分前までになると『ビデオ通話に参加する』のボタンが黄色くなり

アクティブになるので押すと自分の顔が映ったモニターが出ます。

そして時間になると声をかけてくれるので、そのまま待機してます。

 

5分前より前に入ってしまうと、ビデオ通話に参加するが押せないままになるので

5分前に準備をするか、更新をするかして対応してください。

 

スマホもない場合は?

実際にカメラもスマホもない場合はどうするのか?

この可能性の検討はしていませんが、その時の対応が下の方にあり

登録した電話番号に電話がかかってくるような仕組みになるみたいです。

 

その後の対応はどのように行われるか分かりませんが

おそらく時間と手間はかかるはずなので、

もしもスムーズに審査を終わらせたいのであれば、

映像を映せるデバイスは用意したほうが賢明だと言えます。

その後どれくらいでアカウントができたのか

ここまでくれば、あとはアカウント完成の知らせが来て終了となります。

私の場合は、面談が終わり翌日のお昼には利用可能の知らせが入ってきました。

 

事前のアナウンスでは遅くても3日以内には許可が下りるそうなので

1日で来なかった…

となっても最大3日待ってみましょう

最後に

面談の内容はかしこまったものではなく

確認作業がメインなので、身構えすぎると拍子抜けしてしまいます。

これも事前に

  • 提出書類に不備がない
  • カメラを用意している

これらをしっかり行っているからなので、事前準備は抜かりなく迎えましょう。

スポンサーリンク
管理人
やづ九郎

スロットで人生を狂わせた男
リベ大と出会い人生を変える決意をした。
まずは抱えた借金の返済と、自身の事業をつくるのが目標

やづ九郎をフォローする
その他
やづ九郎をフォローする
もし養分のギャンブラーが両学長の「お金の大学」を読んだら

コメント

タイトルとURLをコピーしました