ブログ初心者に必要なキーワード戦略その1 取り敢えずロングテール

稼ぐ

良くブログの上級者がキーワード!KW!なんていいますが

ブログにおいてキーワードとは基本にして奥義

これを捉えるセンスがある人は、膨大な収益を稼いでいる人が多いです。

なので今回は初心者が手に取りやすい、ロングテール戦略について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ロングテールとは?

キーワード戦略をするうえで、初心者が手っ取り早く使えるのがロングテール戦略

ロングテール戦略とはなんぞや?

そういう人が多いと思うので、まずそこを説明したいと思います。

ロングテールとはマーケティング用語

そもそもロングテールとはマーケティング業界の用語で、需要がめちゃくちゃ高いものを取り扱うのではなく

需要がニッチなものを大量に取り扱う戦略のことを言います。

つまり、売れ筋商品ですよ!鬼滅!鬼滅!Lisa!

みたいな商売方法は需要がものすごく高いですが反面、ライバルもワラワラいます

 

なかにはもう『ラスボス』みたいなやつも潜んでるので、正面から初心者が戦うのは厳しいという現実があります。

そこで、需要があまりない「ニッチな市場」をいっぱい集めることで、結果的に需要のレベルを売れ筋商品と匹敵させよう!と考えたのがロングテール戦略です。

ラスボス相手でも1万人いれば、いい勝負が出来るんじゃないか?という発想ですね。

これはキーワード戦略にもあてはまる

わかったわかった。じゃこれがキーワードにどう反映されるのよ?

と疑問もあるかもしれませんが、ロングテールはSEO(掲載順対策)においても大きな力を発揮します。

つまり、売れ筋商品とは情報界においては「ビッグキーワード」と呼ばれますが、

ニュースや有名ブロガーはこぞってビッグキーワードを使った記事を書き始めます。

「鬼滅の刃人気キャラランキング!」「鬼滅の刃人気の秘密は?」などかなり見かけたことがあるでしょう。

 

これに対して、検索する人が「少しは」いるニッチなキーワードばかりを取り扱うブログは

最初こそ威力はないですが、だんだんビッグワードに匹敵するようになるのです。

これが、ロングテール戦略です。

 

イメージ図はこんな感じ

初心者のロングテール戦略は?

いよいよ、本題です。

ロングテール戦略とは基本的には、特化ブログに適応される戦法です。

ニッチなキーワードでひたすらに展開していく。

釣りが趣味なら「釣り」のキーワードを含めた、あらゆることを取り扱う。
これが特化ブログの取るロングテール戦略です。

しかしブログ初心者は雑記ブログで始めることを、私は提唱しています。

ではどうするのか?

その答えがこちらになります。

雑記ブログは「ちょびっ特化」しよう!

私が毎度おすすめしているのは「ちょびっ特化」

雑記ブログも、ある程度特化ブログのように特定の話題を寄せ集めるほうが有効です。

なのでちょびっ特化の作り方を紹介したいと思います。

カテゴリーを充実させる

まずはカテゴリーを充実させることを始めます。

カテゴリー内の記事数を増やしていくと、だんだんと価値のあるカテゴリーだとgoogleが認識してくれます。

なので、まずは数を重ねることが重要になってきます。

カテゴリーの記事に時系列を持たせる

カテゴリーの記事は初めの方だけでいいので、出来るだけ時系列があるとベストです。

このブログの場合は

  1. 初心者のテーマ決め関係
  2. ブログの設置関係
  3. 記事の方向性
  4. 初心者のブログ立ち上げに役立つこと
  5. SEO

といった流れで作っています。

以降は思いついたものを書くつもりですが、初心者に向けて「ブログを始める心の流れを想定」し記事を構成しているのです。

これにはどのようなメリットがあるかというと、

  1. なぜかgoogleの評価がいいということ
  2. 新規のアクセスに追ってもらいやすく、PVが稼げるようになる。

といったメリットがあります。

カテゴリー内の記事同士でリンクしあう

カテゴリー内の記事同士でリンクしあうことで、一個の塊としての価値がグッと上がります。

イメージは、バラバラのビーズに糸を通して一つのアクセサリーとして認識してもらう感じです。

一つのアクセサリーとして構築できれば、googleも認識しやすくなります。

ロングテール戦略の注意点

強力なライバルがいる

ロングテール戦略は正直誰もがやっているようなものです。

なんとなくで意識していない人もいれば、バリバリ意識して運営している人など様々。

ここで重要になってくるのが、書きたいキーワードで検索をかけたときに強力なライバルがいるか?

  1. 特化ブログでカテゴリーが充実している
  2. 内容が充実し2000字以上、画像はどう見ても自前で用意している
  3. 運営歴が長く、今も継続的に更新をしている

といった特徴がある人が上位に数名いれば

撤退すべきキーワード。もしくは攻め方を変えなければいけないキーワードであると言えます。

そもそも需要がないキーワード

そもそも、誰がそんなキーワードで調べるんだ?というキーワードをメインにしてはいけません。

ロングテールとは人気のないキーワードをひたすら集める戦略じゃありません

ニッチで安定している需要を集める戦略なのでこちらを履き違えると

「全く人が集まらない( ^ω^)・・・」なんてことに

じゃどうすれば、そのキーワードに需要があるか分かるんだよ!

という人は、今後記事にする予定なので次回にします。

最後に

キーワード戦略と言えるほど、大それたものではありませんが

ニッチなキーワードをしっかり集める戦略は後発組に必須と言える戦い方です。

これをしっかりこなし、ブログパワーをあげると、いつかは1ワードで上位をとれるような権威得ることが出来るで踏ん張っていきましょう!

スポンサーリンク
管理人
やづ九郎

スロットで人生を狂わせた男
リベ大と出会い人生を変える決意をした。
まずは抱えた借金の返済と、自身の事業をつくるのが目標

やづ九郎をフォローする
稼ぐ
やづ九郎をフォローする
もし養分のギャンブラーが両学長の「お金の大学」を読んだら

コメント

タイトルとURLをコピーしました