ブログで初心者が見落としがちな罠?それはスマホ視点

稼ぐ

ブログの記事を書くうえで初心者が見落としてしまいがちなこと

スマホ視点について語りたいと思います。

スポンサーリンク

ブログの視聴者はスマホが多い

今の時代、ブログを視聴する層ってどこが多いと思いますか?

多くの場合は「スマホ」「タブレット」になっています。

ひと昔は、PC一人1台時代と言われ。

パソコンのことなら誰でもある程度はしっている時代でした。

 

しかし最近のインタフェースは、スマホのみの人も増えてきたため

メインの視聴者層というのはどちらかというと

このようなスマートデバイスを意識したほうが何かと有利になってきました。

ブロガーは大抵PC

ここで見落としがちなのが、我々ブロガーは大抵PCですべてを済ませがちだということ。

ブログを書く作業をスマートデバイスで行っているという人はまぁあまりいないでしょう。

そうするとどういう事が起きてしまうのか?

一番ありがちなのがブログのデザイン崩壊。

 

一番最初に確認してもらいたいのが、

ブログのテーマがレスポンシブル対応しているか?

これが一番大事です。

レスポンシブル対応とはPCでもスマホでも状況が変わっても表示を臨機応変に合わせまっせ!

という機能です。

これがないとPCでは最高にいいデザインでも、スマホでは全くバラバラの配置になってしまって

見づらさこの上ない状態に( ^ω^)・・・

画像や動画のサイズも気を配ろう

レスポンシブル対応のブログであれば、そこまで神経質にならなくてもいいと思いますが

画像や動画の埋め込みもサイズに少しこだわったほうが

全体的に見やすいブログになると思います。

具体的にはどうかというと

画像なら1000px×1000px以内
動画なら560×315

がおすすめ

動画は少し埋め込みの位置が分かりにくいと思いますが

HTMLの直接操作で

<iframe src=”https://www.youtube.com/~~~~” width=”560” height=”315

の赤色マーカーの部分をいじるとその数字になります。

上の例だと、「width=幅」で「height=高さ」になるので =”000″の数字の部分をいじれば

自由にサイズを変えることが出来ます。

動作確認方法

じゃ出来たサイトをスマホでどう映っているか確認したい!と思いますよね?

普通に考えれば、自分のブログをお気に入り登録して

投稿が終われば、その都度確認。これでいいと思います。

 

でも面倒ですよね?

PCでもスマホ環境の確認が出来る方法があるので、紹介します。

google chrome をつかう

まずはブラウザはクロームで使用します。

なのでクロームが入っていない人はこちらからインストールしてください。

ブラウザが2つもあると面倒だなという人も、今後色々とアドセンスなどをとる場合は

Googleが御屋形様になるので、クロームのほうが圧倒的に便利になります。

これはせどりの人が楽天経済圏にすべて移すようなものですね。

ディベロッパーツールを開く

自分のサイトを開いたら、まずはディベロッパーツールを開きます。

ディベロッパーツールとは、Web開発の人が使うツールで細かな位置だったりデザインする際に使うツールです。

まずはF12を押しましょう

そうすると

と右側に赤枠の部分が出てきます。

そこの上のほうに

とスマホのマークのようなものがあります。これを押せばOK

すると

このような、スマホのようなサイズになります。一度この設定をしておけば、

次からはF12を押すだけで簡単にスマートデバイス確認が出来るようになるのです。

合わせたいデバイスの確認も可能

『アンドロイドだとどうだろう?』『iPadに合わせたい!』

目的はいろいろあると思いますが、各デバイスの状況確認はしておきたいですよね?

その場合は先ほどのスマホモード状態で

Rseponsiveの中からギャラクシーやiPhoneなど好きなデバイスを選んで確認が出来ます。

最後に

初心者が一番視点もれしやすいであろう

スマートデバイス対応、細かなことかもしれませんが

こういったところも気をつけられると、いいファンがついて

より自分のブログを成長させるきっかけになります!

(自分はあまり、細部までは確認してませんが・・・w)

スポンサーリンク
管理人
やづ九郎

スロットで人生を狂わせた男
リベ大と出会い人生を変える決意をした。
まずは抱えた借金の返済と、自身の事業をつくるのが目標

やづ九郎をフォローする
稼ぐ
やづ九郎をフォローする
もし養分のギャンブラーが両学長の「お金の大学」を読んだら

コメント

タイトルとURLをコピーしました