ブログネタに困ったときの対策その1 ペルソナから記事を起こす

稼ぐ

あーブログ書かなきゃ・・・なにかこーかなー

・・・

 

ぎゃぁネタが浮かばない!もういい!寝る!

なんて、ブロガーなら誰もがかかるネタが浮かばない病

私もよくかかる病気なので、私の行っている対策手段を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

詳細なペルソナの設定を行う

そもそもペルソナとは?

ペルソナと聞くと「どうでもいい」「そっとしておこう」「ショータイムだ!」

なんて浮かびそうですが、まぁ例のゲームではありません。

 

もともとはマーケ用語で、

あるサービスを作るときに、こんな人が使いそうだな!という「仮想の人物」を設定すること

サービスを考えたときに「どんな人が使ってくれるのか?」を考えます。

例えば、

・10代 ・男性 ・学生 ・東京に住んでいる ・友達が3~4人 ネット環境は整っている

などの使用してくれそうな層を考えることで、作るべきコンテンツがより明確になる効果があります。

これには深堀する深度は様々ですが、大体は軽めの設定で十分なことが多いです。

ブログにペルソナを持ち込む理由は?

ブログにおいてペルソナはどの様な効果があるかというと、訴求力のある記事が書ける!です。

言い換えるなら、この記事が欲しかった!そうそうこれだよ!という納得感が強い記事が書けます。

 

理由は読んでくれる人の顔をしっかりと浮かべながらだと、『軸がぶれない』いい記事が書けるようになるからです。

なので、ブログにおいてペルソナ作成は必須レベルのテクニックですね。

普通のペルソナの使い方

普通のペルソナの使い方は、書きたい記事を決め大体のキーワードも決めます。

 

そしてそのキーワードを調べてくれそうな人の顔を浮かべて

大体こんな人かなぁー、と1~3人くらいのペルソナを作って記事を書きます

 

見直しの際に、その人の気持ちになって読んで価値があるか判断する

これが一般的なペルソナの使い方ですね。

ペルソナから記事を起こす方法

ペルソナを作ろう

さて、いよいよ本題のペルソナから記事を起こす方法です。

出来るだけ詳細な人物像を作り上げます。

  • 名前(必要ないですがつけるとリアルになるので面白いです)
  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 出身
  • 職業
  • 年収
  • 学歴
  • 良く使うサービス
  • 趣味

が基本構成です。

これに加え、普段の過ごし方、思考論理、悩み事などより深いキャラ設定をすると

より面白い記事が書けたりします。

これらを踏まえて、例を軽く作っていきましょう!

・富沢良成
・25歳男性
・空港で荷物の運搬や管理の仕事をしている
・通勤手段は電車(通勤45分) シフト制の仕事(休日はランダム)
・年収300万
・一人暮らし 独身 彼女無し
・家族構成:父 母 弟 犬(チワワ)
・出身:和歌山県 東京に上京して3年
・学歴:中高大と地元近くで進学
・趣味:動画視聴 ソシャゲ 漫画
・興味のあること:筋トレ 女性にもてるコツを調べること

上京し地元を離れ、シフト制の仕事のため休みもバラバラ
その為、友人との時間が作れず、割と一人かつインドアで完結する趣味多くなっている
地元の友達が、彼女が出来たり、結婚などし始めてきた。
やや焦りもあるものの、今の生活で彼女を作るのもなぁと思いながら
取り敢えず筋トレから始めようかななんて考えている。

凄いアダルトサイト見てそうなキャラにしてしまった…!

もし同姓同名の人いたらごめんなさい!!

 

さて、この人物をどうやって使うかというと

なりきって調べそうなキーワードを羅列していく

この富沢君、どうやら休日の過ごし方が少しボッチみたいですね。

こんな彼が調べそうなことは何でしょうか?

「筋トレ 方法 スケジュール」
「男 体脂肪 平均」
「腹筋 割れる 期間」
「FGO 新キャラ」
「グラブル イベント 効率」
「兄弟 二人暮らし 東京 ワンルーム」
「暇つぶし おすすめ 動画」
「浜辺美波 かわいい」
「今週 ジャンプ 評価」
「出会い 場所 都内」
「マッチングアプリ 出会える?」
「マッチングアプリ 安全」
「モテる男 条件」

といった具合でしょうか?

詳細に人間設定を行うと、どんどんキーワードは出てきます。

そうすると、意外とこの記事良いな!というキーワードが浮かぶので

SEOを気にしない場合はそのまま記事を書いてよし、キーワードボリュームを調べてから書いてもよし

理由は大体浮かんでくるワードはSEOに対応しそうなことが多いです。

ボリュームを使うのはよほどニッチな時くらいかなぁ…?と思うので面倒であれば端折ってもいいです。(ここが差の出るとこですよ!)

 

ここまでの作業を終えると

  • キーワード
  • ペルソナ
  • 記事の大まかな内容

が決まります。あとはライバル視察など基本に忠実な下準備が出来ればベストですね!

ここまで決まれば後は通常の記事を起こす作業をすれば記事は完成です。

実際使ってみると・・・?

富沢君の言葉から「出会い 場所 都内」で引っかかったなら、色々そのあたりをリサーチします。

どうやらボリュームも、よさげライバルもいない(例なので実際はわかりません)

Twitterや書籍なども含めたリサーチで記事の内容を補完。

 

あとは記事の下書きを書いて、富沢君にインタビューします。

「役に立ちましたか?」と心の中の富沢君がOKを出したら完成です。

そしてこの過程で出来上がった記事は、「都内で自然に出会えるオススメの場所・スポット5選」でした。

 

そうすると富沢君、急に言い出します。

「次は上手く女の子に近づける方法とかないのかな?ナンパみたいな方法以外で!」

生意気なやつです。

しかし、そうやって芋ずる式に展開することによってカテゴリー化することが出来るのがペルソナありきの記事作成の強みです!

どんどんペルソナと対話していきましょう!

ペルソナのストックの仕方

キャラは何人かストックはあったほうがネタに悩まなくなります。

キャラ作りなんてできない!とそんな人にまずやってほしいのが、2つ

・身近な人を当てはめる
・物語のプロットを当てはめる

身近な人を当てはめる

人生で様々な人との出会いがあると思います。

友人・職場・取引先・サークル・ネットコミュニティ

これらの親しい人物を抽象化し、少し深堀する作業が一番手っ取り早いです。

 

またマンネリ化したら、人物像を融合したり・性別転換したりすると新しい視点が生まれるので

色々人格をゆがませてあげてください!

物語のプロットを当てはめる

物語の人物のプロットを書き出します。

創造物のキャラクターはキャラ作りのプロたちが作りこんでいるので

細かい趣味や口癖、思考傾向など参考になることが多いです。

 

世界観が現代であれば、そのまま使用してもOK

ファンタジーとかでも、現実にいたらどんな奴で、どう過ごしてるんだろう?と想像して落とし込みましょう。

普段の生活では見つけられない新しいキーワードを持った人物が生まれるかもしれません!

最後に

キャラから記事を作る方法はハマる人にはかなり役に立つ方法です。

現に私はこの方法が好きで、他ブログの人気記事はこれらから生まれたものも多くあります。

注意としては、キャラ作りが楽しくなりすぎて時間の経過が早いこと!

時間は大切に~!

スポンサーリンク
管理人
やづ九郎

スロットで人生を狂わせた男
リベ大と出会い人生を変える決意をした。
まずは抱えた借金の返済と、自身の事業をつくるのが目標

やづ九郎をフォローする
稼ぐ
やづ九郎をフォローする
もし養分のギャンブラーが両学長の「お金の大学」を読んだら

コメント

タイトルとURLをコピーしました